So-net無料ブログ作成
検索選択

残念ながら [diary]

0905_赤ちゃん.jpg


不安に思いつつも、希望を持っていた3人目の赤ちゃんは
残念ながら、ダメになってしまいました。


正直、今はまだあんまり実感がなくて
こうやってブログを書く事ができています。


というか、明日手術なんだけど
眠れないので、今までの流れと、今の気持ちを
ブログに記録しておく事にしましたよ。


こうやって文字にして書こうとすると
やっぱり泣きそうになってしまうけど
明日以降は、自分の気持ち的に
いつになったら書けるか分からないので
書けそうな時に書いておきます。



***

2016年8月6日。
生理予定日だったんだけど
なんとなく検査してみると、ハッキリと出た陽性反応。


3人目は、40歳までにはできたらいいなと思ってて
なんとなく考え出した頃だったので
今回も順調にできて喜んでいました。


そうは言っても、38歳の私には、
やっぱり不安はあるし
病院に行く前に、何度も検査薬で確かめていました。


***
8月19日。
なるべく心拍が確認できそうな頃に行こうと思って
最終生理日から計算した5週6日に
初めて病院に行ってみたら
ちゃんと胎嚢と胎芽が確認できて安心しました。
その時に書いたブログ。 → 


***
8月24日。
この時は、まだ産院をどこにしようか迷ってたので
6週4日に当たる日に、別の産院を受診しました。


その時に撮ったエコー。
0824_検診_01.JPG


心臓が動いているのは確認できたんだけど
エコー写真にも書かれてるように
この時のサイズは5週1日。
今考えると、この時には、もう成長が遅れていたんだと思います。


***
8月24日。
最初に受診した産婦人科は
担当した女医さんの対応が良くなくて
でも口コミはいいから、どちらの産院にするか迷いつつ
別の女医さんで予約をしていました。


週数でいくと7週目になるから、
もうハッキリと心拍が確認できるかなと思ってたけど
この時、心拍は確認できませんでした。


この日は、予防接種に連れて行きたくて
長女も一緒に行ってたので
自分なりに泣かないように我慢はしたけど
それでも、やっぱり涙は出てきてしまって
「ママ、顔と唇が真っ赤だけど、どうしたの?」って
長女に聞かれてしまいました。


まだ赤ちゃんの事は話してなくて
お腹が痛くて病院に行くって事にしていたので
「お腹が痛くて」とだけ伝えて
なんとか泣くのを我慢しました。


そのまま、すぐに自然流産するか手術するかの話になって
人気の病院だから、手術日はすぐに埋まるだろうと思って
とりあえず手術の予約だけ取って帰りました。


この日の夜は、やっぱり
ものすごく悲しくて、夜、布団の中で泣きました。


***
8月25日。
稽留流産と診断された翌日。
手術するなら、2つめに行った病院の方がいいような気がして
仕事の合間に受診してきました。


診断はもちろん同じで、赤ちゃんの心拍は確認できず。
でも、やっぱり説明は丁寧にしてくれたので
1つめの病院の予約はキャンセルして、
2つめの病院で、掻爬手術をする事に決めました。


***
そして、9月4日の昨日。
(ブログを書いてるのは4日の夜中なので、気持ち的には今日、だけど)
前処置をする為に、病院に行ってきました。


日曜日もこうやってお仕事をしてるのを
私は今回初めて知ったんだけど
産婦人科の先生って、本当にすごいなと思いました。


今日受診していたのは、私以外に4人いて
みんなが私と同じように流産した方なのかは分からなかったけど
雰囲気的にも、そんな感じがしました。


産婦人科の先生は、
「この仕事をずーっと長くやっているけど
初期の流産は珍しい事ではないんですよ」って
優しく教えてくれたは、本当なんだろうなと思います。


実際、私の周りにもいるし
なかなか赤ちゃんができなかった子も知ってるし
子供を授かるって、本当に奇跡なんだなと思います。


***

少し前に、私と同じ状況になった年下の友達がいて
2人目ができて嬉しそうにしてた事も
初期に流産して手術した事も教えてくれてたので
その子と話をすることで、だいぶ心が軽くなりました。


稽留流産って診断されても
何にも症状がないから、
3日ぐらい経つと、妊娠してた事が嘘だったみたいで
夢でも見てたのかなって思うぐらい。


私には2人の娘がいるし
贅沢な事かもしれないなと思うけど
3人目、どうしようか、ものすごく悩みます。


今までも悩んでたけど
実際に一度妊娠してしまうと
前よりも欲しい気持ちが出てきたかも。


でも、前よりも
不安に思う気持ちも、少し強くなったかも。


38歳なんて、確実に高齢出産だし。
というか、これから妊娠するなら、
39歳での出産になってしまうし。


今の時代、高齢出産って本当に多いし
私より年上のママもけっこういるので
色んな意味で悩みます。


とはいっても、
まだ手術を受けてないし。


手術を受けた後は、
病理検査をしてもらえるようなので
その結果を見て、考えようかなと思っています。



***

こうやってブログを書いてたら
やっぱり涙が出てきてしまったけど
実感がない部分の方が大きいかも。


明日の自分の精神状態は心配だけど
なるようにしかならないし。
娘2人がいるので、頑張りたいと思います。



***
ちなみに、
2つめの病院の診察の時に
心臓が動いてるのは確認できたのに、
「妊婦さん全員に話してることなんですが・・・」と前置きしつつ、
「まだ今の時点ではハッキリおめでとうございます、とは言えないんです。
妊婦の10%には流産の可能性があって
(もし流産した時に)それを受け入れにくくなるから」
っていう話を、先生がしてくれたんです。


この時は、ものすごく丁寧な説明に共感できて
良い印象を受けただけで終わったけど
今思えば、サイズが小さかったのと
38歳という私の年齢も考慮して
流産を予想していたのかなーと思います。


どちらにしても、
不安な気持ちにさせず、でも流産の可能性を伝えてくれた先生には
感謝の気持ちしかありません。



一度は私のお腹にやってきてくれた赤ちゃん。
明日、一緒に頑張れたらいいね。


またいつか会えるのかな。
こればっかりは分からないけど
少しの間だけでも、幸せな気持ちにしてくれて、ありがとうね。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 2

まみ

ご無沙汰してます、久しぶりにブログを拝見しました☆
3人目を授かっていたのですね、今はお辛いでしょうね…>_<…私は流産も死産もありましたが、繋留流産全く同じ経験あります、手術もしましたよ、初期の流産は本当に良くある事のようですよね、なので、自分を責めたりしないでくださいね…>_<…
誰のせいでもないと思います☆
そして子供が元気に生まれてきてくれる事は本当に奇跡だと感じてます☆
きっと今は娘ちゃんたちの存在に救われる思いもあるかなと思います(^ ^)
手術後は、ゆっくりのんびり過ごしてくださいね(^ ^)
まだまだ暑いのでお体大切にしてください☆
by まみ (2016-09-05 12:39) 

hinatabokko

まみさん、
ご無沙汰しています!
コメントありがとうございます。(*´ω`*)
まみさんのブログを読んだ事、覚えています。
たしかあの頃、私に2人目ができる頃だったと思うので
最後まで何があるか分からないんだってビックリした記憶があります。

赤ちゃんが元気に生まれてきてくれるって
本当にすごいことですよね。
2人の娘が元気にいてくれる事のありがたさを実感した気がします。

ブログにも書きましたが、思ったよりも今は落ち着いていて、あともう1日仕事も休めるので、しっかり体を休めたいと思います。

コメントいただいて、とっても嬉しかったです。
ありがとうございます。(*´ω`*)
by hinatabokko (2016-09-05 23:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る